読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なおきちの脱サラ学生パパ日記

脱サラ&大学編入の直後に長男が誕生&妻が新居購入。遅咲きの教育学研究者を目指す筆者(3x歳)の日々のバタバタと、妻すえきち・長男ともきちの観察記録です。

5/18(月)ひとり昼ごはん

学校 食事 のんびり ゆううつ すっきり 出会い
僕は教育学部の中の心理学コースに在籍しているので、必修の授業は心理学系のもの。
それ以外にも、心理学系の授業を▲▲単位以上取ることが卒業の条件です。
その内訳も決まっていて、講義○単位、演習○単位、実習○単位という具合。
他の学部ではあまりないシステムなんじゃないでしょうか。
ところが、さらに他にも条件があって、それは「教育学部の他の系か他学部の単位を△△単位以上取ること」というもの。
心理学だけじゃなくて、他のいろんな知識をしっかりと身につけなさいということらしい。
 

 心理学を忘れる日

僕が設定した時間割では、月曜日に心理学の授業が一切ありません。
読書論の授業、教育社会学の授業、教育方法論の授業。
他の心理学系の学生はいくつか心理学の授業をとっているのですが、僕は最終的に他の系との学際領域を狙っているのでバランス重視の戦略です。
 
するとどうなるかというと、心理学系の友達と顔を合わせるチャンスがほとんどないわけです。
そうすると自然と昼ごはんを一人で食べることに。
先日も書きましたが、最近は外が気持ちいいので、キャンパスの中庭のベンチで食べます。
 
僕は2限目が空きなので、昼休みで混む前にベンチに陣取ります。
心地いい風に吹かれつつお弁当をほおばり、満腹になったところで、音楽を聞きながら昼寝することに。
編入の決心をしたときに聴いていたクラシックの曲を選んで、イヤホンをして目を閉じます。
至福のひととき。
 
だったのもつかの間。
 

現れた邪魔者

突然、ベンチがどっかんと揺れました。
見ると、僕が座っていたベンチの右半分にカップルが。
足を投げ出している様子を見ると、彼氏のほうがどっかんと座った模様。
 
まあベンチは僕の持ち物じゃないのでしょうがない。
うまく共存共栄をはからねばなりません。
幸い僕は音楽を聞いているので、音量を上げて寝たフリをします。
それがお互いにとって最良の選択なのです。
 
ところが、その停戦協定はすぐに破られました。
なんと、彼氏の持っていたのは「カップ焼きそば」だったのです。
しかもそのカップ焼きそばを持っておもむろに立ち上がると、ちかくの排水口のアミアミの上で湯切り。
ええええええ。
 
いや、でも育ち盛りの発展途上国環境政策は多少緩くてもしかたない。
芝生に捨てなかっただけいいとしましょう。
 
しかしそれに続き、彼女もじょぼじょぼし始めました。
ああああああ。
 
さらに二人で粉末ソースをばーっとかけて割り箸でまぜまぜ。
僕が空腹だったらまだいい香りに感じたかもしれませんが、満腹の時の焼きそば粉末ソースは鼻につきます。
 
席を立って新たな安住の地を探そうか、でも今席を立ったら何か嫌な感じになるし、どうしようと思っていたその時。
 
急いでほおばったせいか、彼氏が盛大にむせ始めました。
必死に開放する彼女。
 
なんだ、急にほほえましい学生カップルに見えてきました。
大人って心が広いな。
 
今日の買いもの:
マクドナルドのホットコーヒー…¥100
弁当のマイ箸を忘れたので、生協で食べもしないカップスープを買って割り箸をもらう…¥120
 
今日のすえきち:
△だんなが帰りに時間をメールしなかったので夕食の準備ができなかったと嘆く
◎子どもの名前もようやく決まりそう
▲まだ逆子がなおらない