読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なおきちの脱サラ学生パパ日記

脱サラ&大学編入の直後に長男が誕生&妻が新居購入。遅咲きの教育学研究者を目指す筆者(3x歳)の日々のバタバタと、妻すえきち・長男ともきちの観察記録です。

6/1(月)2度目のパパ抱っこ

この日は2日ぶりにすえきち&ともきちのいる病院へ。
学校で新たに出された課題の多さに打ちひしがれていたので、病院で家族の顔を見たら元気が出るかもしれません。
でも課題があるから今日は寝れないかも…と思うと、早く帰らないといけないという気もします。
 

 

お義母さんと待ち合わせ

病院に行くときは、お義母さんが車で病院の近くの駅までよく迎えに来てくれます。
病院へは乗り継ぎが悪いのでとても助かります。
僕一人ではママのサポートをどうしていいか心配なこともあるし、いろいろお話ができます。
 
この日は、夕食の差し入れまでもらってしまいました。
家にすえきちがいたときは妊婦ごはんを一緒に食べていたので栄養はバッチリ。
短い睡眠時間でも、山のような課題に押しつぶされそうになっても、何とかなっていたのです。
しかしすえきち入院後は外食やカップラーメンが増えて、急に疲れやすくなってきました。
特に、粘膜と皮膚にきます。
 
そんな中、野菜たっぷりのお弁当は幸せでした。
しばらくは、学食でできるだけ野菜を食べるようにしようと思います。
 

パパ抱っこ

病院につくと、すえきちが病院の夕食を持って談話室にやってきました。
ちょうど18時で夕食の時間だったみたい。
病院食とはいえ、母乳トレーニングをするママ用のごはんはなかなかボリュームもあっておいしそう。
すえきちは、おなかにともきちがいなくなってすっきりしたのか、ひさしぶりにモリモリ食べていました。
 
食事の後は、前と同じように沐浴トレーニング室でパパ抱っこ。
いそいそとビデオカメラとデジカメを取り出して撮影会を始めます。
2回めとはいえ、まだまだぎこちない。
ともきちは生まれた日にすでに顔ができあがっていたのであまり変化はないですが、顔色がピンクから肌色にしっかりしてきたような気がします。
そして僕に似たのか目がばっちり一重。すえきちの二重に似てほしかったのですが、しかたない。
お父さんと同じように、コンタクト入れるときに苦労してね。
 
ともきちはぐっすり就寝中。
目を開けているところも泣いているところも僕は見たことがないので、なんとか起きてほしかったのですが何をしても起きず。
足をくすぐったりすると顔をしかめて捻るように背伸びをしたりするのですが、それでも泣かずに再度就寝。
ミルクを飲んでおなかいっぱいのようです。
しかたなく、あきらめて帰ることに。
帰りはまたお義母さんに家まで送ってもらいました。
 

一人で徹夜

家に帰って、もらったお弁当を食べて一休みしたら、明日締め切りのレポートの仕上げです。
仕上げといってもまだ半分くらいしかできていない。
実験結果をまとめて分析して、理論の背景を調べて膨らまして、新たな実験の計画を練って、引用する論文を調べて。
終わったのは夜中3時半でした。
2時間だけ寝て、授業に向かうことにします。
 
体力じゃなくて気力がもたない気がしてきました。
今日の授業でたくさん出された課題が重すぎて、その授業をもう諦めようかというくらい。
何だか悲壮感・絶望感がつのってきました。
こんなに忙しかったらすえきち・ともきちにそう頻繁に会いに行くわけにいかない。
この感じ、長くつづかないといいなぁ…。
 
今日の買いもの:
マクドナルドのホットコーヒー…¥100
学食のネギトロ丼…¥250
 
今日のすえきち:
◎明後日には退院予定
△ともきちを大胆に扱い始める