読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なおきちの脱サラ学生パパ日記

脱サラ&大学編入の直後に長男が誕生&妻が新居購入。遅咲きの教育学研究者を目指す筆者(3x歳)の日々のバタバタと、妻すえきち・長男ともきちの観察記録です。

8/17(月)引越し見積もり

お金 どきどき まとめ 住まい 手続き レビュー
9月末の新居への引っ越しに向けて、引越し業者に家に来てもらい、見積もりをお願いしました。
来てもらった業者さんは、全国&関西の大手3社さん。
1日で3社全部に来てもらいました。
どんな感じだったか、書き残しておいてみようと思います。
 
ただ、各社さんに迷惑がかかるので、どこと成約したかは書かないでおきます。
 

 

家庭の事情
見積もりの前に、うちの基本情報を前提として書いておきます。
・小さめの賃貸3LDK(築17年くらい?)
・洋室2つは夫婦それぞれの自室
・和室は洋室に改造して寝室兼音楽室に
・音楽室には電子ピアノ&アコーディオン4台が鎮座
・2人暮らし10年、2か月前に長男誕生
・2人とも物をためこむタイプ
・ダイニングテーブルなし
・引越し先は歩いて4分のところの新築一戸建て
・僕は引っ越し3回経験あり、妻すえきちは実質ゼロ(結婚の引っ越しは自分の荷物だけ)
・9月下旬に新居引き渡し、でも10月になると今の家の家賃が1か月分発生するから早く引っ越ししたい
・平日のほうが引越し費用が安く済むなら、平日にしたい
・でも引き渡しが間に合うか微妙なので、住販会社には1日でも余裕がほしいと言われている
ざっとこんな感じです。
 
A社
クレジットカード会員の割引特典があったので、それを使って頼むつもりで連絡しました。
最大手だし、無難で安心かなと。
受付の人に見積の希望日時を伝えて折り返しの電話を待ったのですが、とにかく連絡がこない。
3日くらい待って、1回催促して、結局担当者から連絡が来たのが希望日前日。
あんまり商売する気ないのかな?と思ってしまいます。
当日も営業さんが家に到着するのが30分遅れ(事前に連絡はあったけど)。
 
ただ、見積りはきっちりしてました。
各部屋をざっと見て回って、どのくらい捨てるものがあるかとか、大きめの家電系の箱が空き箱なのか詰まっているかとかもちゃんと確認。
見積書にも、何が何台あってどう運ぶからいくら、と細かく書いてありました。
明朗会計ってやつです。
食器を梱包する便利ケースがあって、これがいいなと目をつけていたのですが、やっぱりそれは売りにしてるみたい。
 
プランは2つ出してくれました。
1つは、朝から4人来て夕方までかけて引っ越しするプラン。10万円台後半。
もう1つは、前の晩に3人で半分積み込んで(「宵積み」というらしい)次の日に荷降ろし&残り半分の移動。
こちらは10万円台前半。
人件費の差なんだそうです。
引っ越しのトラックが3人乗りだから、ラスト1人の移動のために車が1台いるんだそうで。
これも明朗会計。
 
他にも大手だけあっていろんなサービスが充実してます。
パンフレットもしっかりしてます。
しかし割引はあんまりきかない。営業さんもぜんぜん押してこない。
「今日中に検討してお電話します」と伝えると、あっさり「はい、ではお待ちしております」とのこと。
「『都銀』っぽいねぇ」と夫婦で話してました。
あと、見積もり時の粗品はなし。
 
B社
ここは、3日前に希望日時を伝えてから毎日のように、「今日でも行けますけど!」って電話してくる。
どうしても他者より早く見積もりに来たいらしい。ガツガツしてます。
見積もりサービスはお米とダンボール50箱。
 
「他社さんはどちらが来られましたか?」と聞かれたので、A社さんとC社さんと答えたのですが、そこからがすごかった。
自社の説明の前にいきなり、他社の悪口から入るのです。
以前こんな事件があったから危ないとか、こんな社内制度があるから信頼できませんよとか。
新聞記事や週刊誌の切り抜きがラミネート加工されて、営業資料になってるのにはどん引きしました。
傷ついたり電気機器の故障があったときの保証を保険会社と契約できてるのは、ダントツに事故率が低い当社だけです、とのこと。
引越し後に傷を見つけても、他社は対応できない、その点うちは保険会社がしっかりしてるから安心です、とか。
でもその保険は客が1000円払う任意保険。
そして見積もり後に他社のパンフレットの確認をしたら、ちゃんと3か月後まで保証対応って書いてるし。
 
ダンボールは50箱まで無料っていうサービスが売りの一つ。それ以上は有料(50円だったかな)とのことでした。
ところが「A社さんはリサイクル段ボールなら無料って言ってましたけど」って言ったら、うちもそれなら無料です、と。
言わなかったら有料のを買わされてたってこと?
 
うーん、この営業姿勢ってどうなん…。
 
見積りは、A社さんに比べてざっくりしてました。
見積書にも何が何台でどうしてこの値段とか何も書いてない。
それでもなぜか「作業内容確認書」にサインをさせられます。
「この業界は契約書ってのがないんで、これで成約ってことはないです」とは言ってましたが。
まあ、これもあんまり気分のいいもんじゃないなぁ。
 
ただ、とにかく安いのです。
A社さんの見積り価格を伝えたら、それより1万くらい安い金額を出してきました。値引き根拠は特になし。
宵越しプランの話を出したら、うちもそれできますとのこと。
今日中にご連絡いただけるならもうちょっと勉強します、と言ってもう1万ダウン。
さらに「今決めてもらえたらもう1万下げます」とまで。
とにかく契約を取りたいみたい。元値っていったい…。
 
ここはとにかく安く済ませたいって人向けなんだと思います。
安いのは確か。
 
C社
事前の情報では、A社さんは大手で便利グッズがあって安心、B社さんは安い、という売りがあるのに対して、C社さんは特に売りがないのです。
関西では大手ですが、特別便利なわけでもなく、特別安いわけでもなく。
まあ3社目だし、参考までにということで営業さんを待ちました。
 
営業さんは約束の時間ぴったりに来ました。
そして、見た目がC社さんのキャラクターそのまま。
とってもやさしくて真面目そう。
 
見積もりの手順は特に他社との違いはなく、普通に終わります。
3社目と伝えているので、引越しの基本的な手順に関する説明は簡単に済ませる感じ。
 
まず説明したのが、スタッフの育成と信頼度について。
熱く説明してくれました。
社員さんはかならず、何年かかけて引っ越し作業を全部担当するんだとか。
この営業さんも、しばらく引っ越しトラックを運転してたそう。
この会社は、値段とか便利さとか顧客満足度とかそういうのじゃなくて、人が売りみたい。
元人材育成担当者としてはちょっと興味があります。
 
他社の見積り価格と、宵積みプランについて伝えます。
まず他社が平日ならちょっと安くなるということについては、C社さんは一緒なんだとか。
平日休日というよりも、月末が混むんだそうです。
理由はどこの家庭も一緒で、引越し前の家の家賃の問題。
混みすぎてトラックが配車できないので、日が近くなると断っていく方向にしてるんだそうです。
無理には契約取らないのね。
 
エアコンの取り外し・取り付けは、自社スタッフじゃなくて提携している工事業者がやるみたい。
なので、引越し当日じゃなくて前日&翌日にやるんだとか。
9月末なので、あんまり暑くないといいけど。
 
他2社にあったリサイクル無料ダンボールのサービスはないとのこと。
 
宵積みプランにも消極的。
確かに人件費は削減できるけど、人数が減るってことはスタッフが通常より高負荷になるから無理が出ると。
「遠方なら宵積みもメリットがありますが、歩いて4分だとあんまり意味ありません」
まあたしかにそうか。
 
そして値段の交渉。これはやっぱり苦しそうでした。
「正直に申し上げて、B社さんほど安くすることはできません」とのこと。
一応の見積もりを出した後、その場で上司に電話して相談。
結局、あっさり底値を出してくれました。「これでダメなら帰ります」と。
B社さんよりは高くて、A社さんよりは安い。
 
その他、契約がまだにも関わらず、引っ越し初心者にいろいろ教えてくれました。
どうしたら費用が安く済むかとか、うちのこのオプションはあんまりおすすめしないとか。
儲ける気あるのかなぁと心配になります。
B社さんと好対照。
 
CMどおりというかなんというか、やっぱり正直で真面目が売りみたいです。
信頼感は抜群。
ただやっぱりそんなに安くない。相応の値段て感じです。頑張ってはくれました。
 
ちなみに粗品は、クイックルハンドワイパー&食卓クイックル
 
まとめ
3社を比べられて、とっても面白かったです。
人生の一大イベントなので、もちろん超真剣にお願いしたのですが。
 
A社: ◎無難・安心・便利 ▲親切さ・対応の遅さ・値段高め
B社: ◎安い・粗品多い ▲誠実さ・対応の早さ
C社: ◎信頼度・親切さ ▲50枚を超える段ボールは有料
 
ざっとまとめるとこんな感じかと思います。
引っ越しの規模(世帯人数・荷物の量)、予算、準備期間、引っ越し経験有無、などなどを参考に決めるのがいいのでは。
とにかく、複数の引っ越し会社の見積もりを取ることをおすすめします。
自分の引っ越しのスタイルにあった会社がどこか見つかるはずです!
 
今日のともきち:
◎3社の見積もり中、ずっと抱っこされてずっとぐっすり(やればできる子)