読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なおきちの脱サラ学生パパ日記

脱サラ&大学編入の直後に長男が誕生&妻が新居購入。遅咲きの教育学研究者を目指す筆者(3x歳)の日々のバタバタと、妻すえきち・長男ともきちの観察記録です。

2016/10/08(土)海遊館&ともきち生誕500日

遊び 育児 感動 家族 イベント わくわく お出かけ 知育
世の中は3連休だそうで。
子育てをしていると、「3連休=保育園3日間なし」としか思えなくなってきます。
朝起きて夜寝かせるまで、ごはんも昼寝も遊び相手もまる1日。
3日間何を食べさせて何で遊ばせて何着せて…頭がパンパンです。
 

 

海遊館
もともとこの3連休は僕の実家に帰省する予定だったのですが、急遽中止に。
せっかくなので何かしようということで、海遊館に行くことにしました。
京都水族館鳥羽水族館でともきちがけっこう楽しそうにしていたので、いいかなと。
ただ激混みが予想されるので、朝イチ、開館直後に行きます。
 
海遊館はやっぱり混んでいましたが、賑わい程度で、不快なレベルではなかったです。
朝イチは正解だったかも。
ともきちが家からの移動中に寝てしまって、入館しても起きないのでしばらく待ちます。
10kgを超えたともきちをだっこしてじっと立っているのはけっこうしんどい。
 
ともきちはいろいろ見ながら声を出して楽しそうでした。
お気に入りは巨大水槽のエイ。
水槽の前でじっとしていると、下のほうから、おなかの顔みたいな模様を見せてせり上がってくるのですが、それを見てケタケタ笑っていました。
 
500日
それ以上に楽しそうだったのが、水族館内のお散歩。
最近外を長い距離歩けるようになったので、ちょっと薄暗い水族館の通路が大冒険の舞台に見えるようです。
ペンギンみたいにパタパタパタパタ、左右に揺れながら歩いていきます。
手を繋いでおきたいのですがふりほどかれてしまう。
時々他のお客さんに突撃していくので目が離せません。
 
海遊館を出た後も、外のイベント広場を延々と歩いて行きます。
30段以上ある大階段も、自力で登りました。
 
今日でともきちは生まれて500日。
同じ月齢の子と比べるとちびっこだし、まだお話もできないので、親としては赤ちゃん扱いしてしまいがち。
でもいつの間にか自分で親から離れて遊びに行けるくらい育っていたみたいです。
 
今日のともきち:
△エスカレーターで遊ばせてもらえず号泣
▲やせてLサイズおむつがゆるくなったせいか、パパに抱っこされた拍子におもらし
ジンベイザメのパペットと遊んで爆笑