読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なおきちの脱サラ学生パパ日記

脱サラ&大学編入の直後に長男が誕生&妻が新居購入。遅咲きの教育学研究者を目指す筆者(3x歳)の日々のバタバタと、妻すえきち・長男ともきちの観察記録です。

6/20(土)6/21(日)いとこの結婚式・当日

お祝い どきどき わくわく 家族 感動 衣服
式は11時半からということで、10時半くらいに早めに家を出ます。
ホテルに着いて控室に行くと、久しぶりに見るいとこたちの顔。
実はお祝いの席でみんなで集まるっていうのは初めてかも。
そんな意味でも、遠いところ帰ってきてよかったなと思います。
桜湯を飲みながらしばし待機。
 

 

急展開

いとこは背丈とか顔とかいろいろちっちゃくて白くて華奢。
帰省するたびに、いろんな表情をコロコロ見せて兄妹みたいに慕ってくれます。
今回はそんな妹のドレス姿を楽しみにしているのでした。
 
チャペルは屋根から光が入る、明るい建物でした。
ホテルからちょっとだけ外を歩いて入ります。
新婦側の席、前から4列目くらいに座ります。
いとこの結婚式って出たことないから位置がなんか不安。
親族だけの結婚式なんで、家族以外は順不同なのかな?
 
新郎が登場して、次はいよいよ新婦入場。
お父さんにエスコートされて、ゆっくり歩いてきます。
ウェディングドレスは背中の腰の位置にある少し大きめのリボンが印象的。
華奢な肩をレースがふんわり包むデザインです。
 
さて、セレモニーが…と思っていた矢先。
式の直前からぱらついていた雨が、突然土砂降りに。
光が入るようになっているチャペルの屋根に当たった雨音はどんどん大きくなるばかり。
神父さんの話も宣誓もなんにも聞こえません…。
参列者からも笑いがこぼれてきました。結婚式はけっこう出たけど、こういうのは初めて。
結局、サイレント映画のような式が無事終わりました。
最後のフラワーシャワーでのみんなの笑顔には、なんだか一体感がありました。
「よくがんばりました」みたいな。ねぎらい感というか。
 

披露宴

そんな雰囲気の中始まった披露宴。
なんだかどのテーブルもほんわかした感じ。
新郎側のテーブルはにぎやかで、新婦側はにこにこ。
新郎新婦は逆のキャラクターだと思うんだけどな。
 
見どころは2回のお色直し。
洋髪+赤の色打ち掛けもかわいかったし(小声で「あづい」って言ってたけど)、予想を裏切ってのミントグリーンのカラードレスもよく似合ってました。
衣装選び楽しかっただろうなー。
めんどくさいっていう人もいるけど、だんなもすごい楽しいのです。実は。
たくさん写真を撮ったので、あとでいろんな人に見せびらかそうと思います。
 
衝撃を受けたのは余興の時間。
新郎さん側の乾杯スピーチをした男性が「福田こうへいを練習してきたので!」と高らかに宣言していたので、あー演歌歌わはるんだなぁと思っていたのです。
とっても上手でみんな盛り上がったのですが。
まさかその後4連続の新郎側カラオケ大会になるとは…。
そういえば、開宴前に司会者の人に「カラオケご希望の曲があればお申し付けくださいね」と言われて「ん?」と思ってたっけ。
叔母さんにも勧められたし、今思えば歌っておけばよかったかな。
 
こういうのって親族の文化の差だと思うんだけど、こういう交流があるから結婚って面白いです。
 
うちの実家は家族で外食ってあまりしないほうだし、とっても楽しくてとっても思い出に残る結婚式になりました。
 

予定外

今回唯一やってしまったと思ったのは、寝過ぎ。
本当は論文とかいろいろ学校の課題を持って行って、あらかた片付けてくる予定だったのです。
ところが、実家についた日は23時半くらいに寝て気づいたら朝10時。
式から帰ってきて猛烈な眠気に襲われて、5時くらいに寝落ち。
気づいたら帰る日の朝。
なんにも進みませんでした…。
 
今週以降、たくさんレポートとか発表とかあるのにー。
自分の睡眠体質が憎くてしかたない。