読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なおきちの脱サラ学生パパ日記

脱サラ&大学編入の直後に長男が誕生&妻が新居購入。遅咲きの教育学研究者を目指す筆者(3x歳)の日々のバタバタと、妻すえきち・長男ともきちの観察記録です。

3/3(木)復職面談

どきどき イベント 家族 将来 心配 手続き
すえきちの復職面談の日です。
前日の夜まで、面談用の資料に細かくいろんなことを書き込んでいました。
育児のサポート体制の話から、復職後のキャリアイメージまで。
上司がこれを見ながら話をして、人事部に書類を送るんだと思います。
なかなか大変そう。
 

 

急な電話
ともきちのおもりをしないといけないので、車にいっしょに乗って職場の近くまで行く予定。
ところが、家を出ようとする10分ほど前にすえきちの電話が鳴りました。
仕事モードの声で電話に出るすえきち。
どうやら、復職面談のついでに、別のオフィスにもあいさつに行くことになったようです。
結局僕とともきちはお留守番をすることに。
 
あいさつする先が増えたので、すえきちは慌ててジャケットを追加で着て、1年以上ぶりのヒールのパンプスを不安そうにはき、バタバタと出て行きました。
4月からは毎日こんな感じでお見送りをすることになるのかな。
ちょっと楽しみではあります。
 
面談の結果
すえきちが帰ってきたのは夕方17時過ぎ。
ひなまつりということで、実家に寄ってお義母さんが作ってくれたちらし寿司を持ってきてくれました。
ともきちが女の子だったら初節句
 
すえきちは、復職後のポジションや仕事の内容についてもいろいろ話ができたみたいです。
 
会社ではこういうときに一番上手に気を回してくれるのはたいてい「斜め上の上司」。
今は上司ではなく別の部署にいるけど以前お世話になったことがあって、ローテーションが巡ってまた一緒に仕事をする、というパターンが一般的なのかなと思います。
人材育成ではけっこうこういう人がキーマンになったりするので、大事にしないと。
 
復職後にどんな勤務になるかはまだ不明ですが、おそらく保育園送迎は完全に僕の仕事になりそうです。
早く慣れるといいなぁ。